Porsche Original Shop Towels

8月 31st, 2017 by SJ_P-parts-net

多分、今ではもう使われていないんじゃないかと思うのですが、数十年前に本国のポルシェファクトリーで使われていたタオルです。
整備中にこぼれたオイルを拭き取ったりするのに使うショップタオルです。
いってみればボロ布みたいなものなんですが、そこはポルシェだけあってコットン100%で PORSCHEのロゴまで入っています。

 

ご注文をいただいて、5枚だけ取寄せてみたのですが、ロゴ以外は単なる綿製の布きれでした。

今ではキムタオルのような紙製の使い捨てタイプのものか、ダスキンのような専門業者が自社製の布を置いて、使ったら回収し、汚れを落としてからまた補充するというのが主流ですから、ショップオリジナルのタオルを整備に使っているところはほとんどないのではないでしょうか。

そんなわけで、このタオルも生産終了となって久しいのですが、どういうわけか今になってコレクターの間で人気となり、一時期は、こんな使い捨てタオルが、新品だと1枚100ドル近くで取引されるようになっていました。

それで、元々このタオルを作っていたメーカーがリプロダクトして1枚10ドル程で販売を始め、一旦値段は落ち着いたのですが、少量しか生産しなかったようで、またじわじわと値段が上がってきています。

バブル期ならともかく、1枚 1,500円もするタオルでオイルとか拭き取るのは抵抗あると思うのですが、かといって部屋の中に飾るにしては無骨過ぎますし・・・

でも、さりげなく自分のガレージに置いてあったり、何かあった時にさっと広げた車載工具のバッグの中にこのタオルが1枚入っていると、分かっているひとには感心してもらえるかも知れません。

964 Wind Deflector

8月 28th, 2017 by SJ_P-parts-net

オープンで走って気持ちいい時期というのは1年に何日あるでしょうか?
しかも、その時期でさえ、空気の綺麗なところで、速度も控えめで、という条件も加わります。

このように実用車とは程遠いコンバーチブルというのは最高に贅沢な車だといえます。

でも、時期と場所は限られても、スピードまでは制限されたくありませんよね。

 

986 BOXSTERや 996カブリオレ以降は純正でウインドウデフレクターの設定があるのですが、964にはありませんでした。
そこで、米国の会社が作ったのがこれです。

 

全面メッシュタイプ。
4シーターオープンのデフレクターとしてはオーソドックスな作りです。

 

必要がないときには折りたためますし

 

頑丈なステーで取り付けるようになっていますので、高速での使用も安心できそうです。

値段は為替と送料が不確定ですが、もし純正で設定があったなら、それくらいかなと思われる金額よりは安いとは思います。

これよりも値段半額以下でドイツ製のもう少しちゃっちい感じのものもあるのですが、風で飛ばされそうでちょっと怖いので、そちらは扱いたくありません。

コンバーチブル用品はやはりアメリカということでしょうか。

オンラインショップリニューアル

8月 17th, 2017 by SJ_P-parts-net

オンラインショップのページが全面リニューアル致しました。

これまでの車種別のメニューから、製造年から選択していくものに変更になりました。

お盆休みのお知らせ

8月 8th, 2017 by SJ_P-parts-net

8/11(祝) ~ 8/16(水)

この間、東京倉庫は完全にお休みとなりますので、東京在庫商品、メーカー、ディーラー取り寄せ部品も手配することが出来ません。

一宮事業所は、この間も開けていることが多いと思いますが、棚卸や整備等の作業をする予定ですので、電話にはなかなか出られないと思います。

メールもしくはFAXでお問合せ頂ければ、一宮在庫商品でしたら対応させて頂ける場合もあると思います。

動作が怪しい部品などありましたら、早めにお問い合わせください。

Boxter RS60 Spyder

8月 4th, 2017 by SJ_P-parts-net

1960年代に活躍したポルシェのレーシングモデルであるタイプ18 RS60 Spyderのイメージを再現して、2007年に発売されたのが、RS 60 Spyderです。
世界で1960台、日本には37台が割り当てられた限定車でした。

マフラーが専用のものになりエンジン出力が、通常のBoxter S より8馬力アップしている以外は、ぱっと見は赤の内装色以外、大きく違うところはありません。

 

でも、細かなところを見ていくと、スカットルプレートに RS60 Spyder の文字が。
こちらは、左右セットで 54,600円と、まあそんなものかな、という価格設定です。

 

グローブボックスの蓋に貼り付けられたシリアルナンバーの入ったバッジ。
さすがにこれは非売品です。

 

シフトノブも専用品でした。

このデザイン、賛否両論あったようですが、少なくも凝った作りにはなっています。
そのためなのか、お値段は、216,000円!と、簡単に買ってもらっては困りますから、と言わんばかりの価格設定です。